府立視覚支援学校視察

11月24日、府立視覚支援学校の視察見学を会派の八重樫府議、川岡府議、加治木府議、地元住吉区の中村府議と行ってまいりました。
創立100周年で、老朽化した校舎を全面、今年度建て替えしました。
幼児から高校生まで、また、資格取得に向けては大人まで受け入れ、国家資格まで繋いでいます。
建て替え後の施設は体育館やプ-ル、訓練も含めて充実しています。
また、授業も参観させて頂きました。
他府県からの受け入れの為、寄宿舎もあります。
これまで、会派としても視覚支援学校の建て替えや支援に取り組んでまいりました。
昼からは冬要望に向けて勉強会でした。

sikaugaltukou.jpg
sikakusienn.jpg

コメントの投稿

Secret

市大と府大の統合反対

大阪府立大学と大阪市立大学の統合に断固反対します。

問題なくうまくいっている大学二つを、資金とエネルギーと投入して「統合」することこそ、最大の無駄です。

統合して、大学としてのランクを下げた首都大の例を見ても、統合することがよいわけではありません。

大阪のために、党全体として、反対するべきです。

選挙に勝ったからといって、大阪市民や大阪府民が市大と府大の統合に賛成したということにはならないはずです。

市大と府大の統合断固反対!

大阪市立大学と大阪府立大学の「統合」に断固反対します。

学生が議会に「拙速に改定するな」と要請し、学生への説明や意見聴取の場もつくられていない現状は、この「統合」が学生や受験生のために考えられていないことの証明です。そのような「統合」は行われるべきではありません。

同じ地域にあるから「二重行政」という理由が、おかしいです。大学が二つあることは「二重行政」だとするのなら、165校ある高校は「百重行政」なのですか。

大阪府・市にとって、府大・市大の財政的負担は、大学の規模の割に軽いものです。問題なく運営されている二つの大学を、わざわざ、新たな費用をかけて、統合する理由はありません。それこそ、最も無駄なものです。

大学統合すれば世界的に競争力の高い大学になるという根拠は全くなく意味不明です。世界でも競争力がある大学にするのならば、「統合」ではなく、研究費用をこれまで以上に保障し、優秀な市民や府民に給付型の奨学金制度を作るべきです。

大学があることで大阪に、若者が流入し、大阪の地盤沈下を支えています。また私立よりも授業料の安い国立大学と公立大学が二つもあることは、若者のより良い教育を受ける権利を手厚く保障するものです。事実、府大も市大も全国的に評判も高く高偏差値で、定員割れでもありません。少子化を理由にした統合は、理由になっていません。統合すれば各学部および総定員減になり、両大学合わせて300億円超とも言われる経済効果が失われることになります
 
また、阪大、府大、市大と三つあることで、知的なブランドイメージを確立できます。阪大も市大も府大も、それぞれが各々の得意分野によって地域に貢献しています。同じ場所に複数の大学あることは、「二重行政」でも、無駄遣いでもありません。大阪の強みです。

東京の首都大は、旧都立大学の人材が流出し、費用をかけて「統合」したにもかかわらず、人材も研究もレベルも低下し、大学のブランドが低下しました。同じことを大阪でもするのですか?絶対に反対です。

大阪市立大学と大阪府立大学の「統合」に断固反対します。

大阪大学・大阪市立大学・大阪府立大学ともに、協力し、共存共栄する政策を行うべきです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

コスモス

Author:コスモス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード