いよいよ明日から第一声の本番です

平成12年から3期11年、大東市議会議員として全力で取り組んできました。

明日4月1日告示、4月10日投票日の、統一地方選、大阪府議会選挙が行われます。

今回の大阪府議会選挙に、私も初挑戦致します。

この11年間、多くの人に支えられ、感謝の思いで一杯です。

本当に本当にありがとうございました。

「主婦として、母として、女性の視点で政治に声を届けたい」との思いは、今も変わりません。

明日から10日間、勝利を目指し全力で頑張ってまいります。

しばらくの間、ブログも更新できませんが、またご報告できるように頑張ります。

いつも、私のブログを見て頂き本当にありがとうございました。












被災地からのメール(茨城県東海村)

大東市の知人の所に茨城県東海村に住む妊婦さんの若いお母さんから被災地のメールが届きました。

主な内容です。

いまだに毎日、大きな余震でこわいです。電気がきてやっと水道も復活しました。

今まで、毎日交代で朝晩4時間は並んでいた給水所も村の一部の水道が戻ったから列も劇的に短くなりました。

ガソリンは5時間並ばないと入れられない状態が今だ続いています。

ひどいことに300リトッル/円の店、1000リットル/円の店まで出ています。

毎日地割れの道を計4キロから5キロ歩いてスーパーに行きますが、お一人様何点までの制限があります。

物資がみんな福島や宮城に行ってしまうから、なかなか手に入りづらい状態が続いています。

茨城県メインの電車、路線、各駅はぐちゃぐちゃです。来月の復旧も難しいとのことです。

高速はボコボコで50キロ規制ですが福島まで開通しました。

一歩進んで半歩下がっている感じですが、私たちよりもっと大変な地域が沢山あるからとあきらめています。

今まで気付かなかったことや、便利すぎた生活。いろいろな大切なことが身にしみています。

今こそ日本の力の見せ所だと思います。


(本当に多くの被災地があります。今の現場の声をしっかり届け、国においても対策を取ってもらいたいと、さっそく公明党の国会議員に連絡致しました)

(被災地の一日も早い復興を祈っています。)





各種行事に参加しました。

今日は朝から各行事に参加しました。
昨日に続いて大東ライオンズクラブの東日本大震災の義援金募金の活動にも一緒にさせて頂きました。

あと、野崎自治会の総会と、ふれあいサロン、昼からは大東市聴力障害者総会に出席。
そして、震災お見舞い訪問と忙しい一日でした。

今、統一地方選に向けての活動もあと数日となりました。
府議会は女性の参画が1割にも満たない現状です。

今、府議会議員の定数112名の内、女性議員は7名しかいないと聞いています。
男女共同参画の時代、「女性の視点での政治の参画も」大事だと感じています。

女性本来の、「生活者の声、身近な声、クリーン政治」姿勢で声を届けてまいります。



東日本大震災、大東市での支援内容について

東日本大震災に対して、市としての最大限の支援を訴えてきました。
今、現在、本市が行ってきた支援を載せました・

[大東市の対応]
3月27日 27日に限り、大東市民から支援物資の受付を実施

3月25日 水道局から被災地に職員1名を派遣。陸前高田市で活動

3月23日 大東市支援物資(アルファ化米4,400食、粉ミルク16缶、生理用品13,060個、袋式トイレ20,000セット)を大阪府を通じて被災地に搬送

3月20日 第2次大東市消防緊急援助隊5名が活動していた大槌町から帰庁

3月16日 義援金として被災地に1,300万円、一関市(旧大東町)に市議会と合わせ100万円を拠出することを決定

3月15日 第1次大東市消防緊急援助隊が帰庁

3月14日 大東市災害支援対策会議を設置

      義援金募金箱を15施設に設置

3月13日 第1次大東市消防緊急援助隊が、岩手県釜石市で活動開始。被災地に向け、第2次大東市消防緊急援助隊5名が出発

3月11日 第1次大東市消防援助隊(ポンプ車1台、救急車1台、隊員8名)が大阪府隊として被災地に出発

大東市公明党議員団の東日本大震災支援に関する緊急申し入れ

過日3月22日に本市の岡本市長へ東日本大震災支援に関する緊急申しれを行いました。

書面で行った申しれの主な内容は以下の通りです。

①被災者の受け入れを、市営住宅などの公共施設を活用して行って下さい。

②市民の善意の支援物資の行け入れ体制を早急に整え、実施して下さい。

③被災者への支援については、大東市ができる最大限の備蓄物資と義援金の拠出を行って下さい。

④大東市の災害備蓄物資を更に充実して下さい。

⑤市内の避難場所の総点検と施設の充実を行って下さい。

⑥災害時の安否確認を含めた、緊急連絡体制の充実を図って下さい。

⑦防災啓発と日頃の防災意識の向上のためにも、「防災啓発センター」の設置を推進して下さい。

以上の項目を申し入れ致しました。

市も早急に実施して頂いた項目もあります。

公明党は被災地の現場の声を直接聞き要望しています。

これからも全力で東日本大震災で被災された方々の支援をネットワークで届けてまいります。

一般質問の答弁で、災害対策や中学校給食を実施

昨日、3月定例議会が終わりました。私にとっても市議会最後の議会でした。

一般質問では、東日本大震災の支援を求めたところ、本市の備蓄物資を半分被災地に一昨日送ったとの答弁。

また、公明党議員団で22日には支援の緊急申し入れも行いました。

また、中学校給食についても質問しました。答弁として「実施方法も含めて早急に検討していく」とありました。

今、一日一日、貴重な時間を真剣に取り組んでいます。



震災後活動自粛から駅立ちをスタートしました。

東日本震災後、選挙活動を自粛していましたが、今週の火曜日から朝の駅立ちをスタートしました。

本日は朝7時、四条畷駅で、震災のお見舞い駅立ちをいたしました。

今、駅立ちで東日本大震災、被災した皆さんを応援しましょう!今、私たちにもできることで、チラシをお配りしています。
(チラシの内容)

1、節電をしましょう!
2、生活関連物資の買い急ぎ、買いだめをやめましょう!
3、ボランティアとしての活動をご希望の方へ、被災地支援・災害ボランティア情報(全社協をご案内しています)
4、救援物資を送りたい方へ
5、義援金を贈りたい方へ
公明党は日本赤十字社を通して被災者支援に活用しています。
銀行振り込みの場合
「公明党災害義援金口座」
三菱東京UFJ銀行 青山通支店 普通口座
(店番)084 (口座番号)0104798

郵便振替の場合
「公明党災害義援金口座」
(記号)00110-9 (番号)623451

6、災害情報サイト

皆さまのご協力をよろしくお願い致します。



市議会最後の一般質問を終えました。

22日、市議会最後の一般質問を行いました。

今回の主な質問は東日本大震災を通しての震災支援と災害に強い街づくりについての質問です。

大東市の備蓄物資も今日、大阪府を通して被災地へ半分の数は送ると答弁の中でありました。

また、個人の物資受け入れも考えてまいりたいと。

昨日、被災地でもあります岩手県釜石市の公明党女性議員の細田孝子市議会議員と連絡がとれました。

細田議員も被災者でもありますが、震災後、炊き出しや救援物資の輸送に走っています。

人口約4万人の釜石市の被災状況は540人が亡くなり、いまだに不明も500人ぐらい出ているとのことです。

街はがれきに中、ようやく電気、ガスのライフラインが回復しつつあるそうです。

今、特にガソリン、食料の物資が必要だと話されていました。

本市の大東市からも消防職員や消防車、救急車を派遣しています。

被災者の皆さまのご健康と一日でも早い復興を祈るばかりです。

多くの国民が願っています。頑張って下さい。



党青年局で東日本大震災義援金支援活動を行いました。

20日、公明党青年局約100名近いメンバーで、朝10時30分から12時30分まで、東日本大震災被災者を支援するための募金活動を行いました。

オペラパーク前と住道駅デッキ、そして野崎駅で同時に行いました。

今日で3日間、義援金活動を行っています。本日も朝から多くの方が真心の募金をして頂きました。

中には募金して下さったご婦人は、岩手県に息子がいて、今、避難所に避難しているということです。自分の家族が大変な状況だけに「大東の若い皆さんが被災者のために募金活動して下さって、本当に本当に感謝です。」と目に涙を浮かべておられました。

お一人お一人のまごごろを日赤を通じて、被災者の元に届けてまいります。

3月議会の一般質問のお知らせです。

今、3月定例議会が開催されています。

3月22日(火)15時から私の一般質問を行います。

毎回の議会で一般質問をしてきましたが、今回が最後の一般質問になります。

今、東日本の震災もあり、安心・安全な街、大東の実現に向けて質問を
してまいります。


また、震災支援として、行政や個人が出来ることを訴えてまいりたいと考えています。

皆さまの傍聴をお待ちしております。

被災者の皆さま頑張って下さいね。

プロフィール

コスモス

Author:コスモス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード